【即アップデート推奨】office for mac 2016のエクセルが超絶使いやすくなっている!

f:id:virtualbox:20160329004637p:plain

職場ではWindows、自宅ではmac派なんて使い方、結構いるのではないでしょうか。

僕はちょいオタク気質なところがあるので、前に紹介した年収を円単でエクセルで管理、なんてことも自宅でやりたくなるのですが、如何せん職場のwindows版エクセル2010に慣れていることもあって、自宅のmac版オフィス2011に不満を感じることが多くありました。

が、オフィス for mac 2016にアップデートしてから、そんな不満が全て消し飛びましたので、アップデートをまだ実施していない人の背中を押すべくエントリー化してみました。

 

ショートカットキーがWindows版と一緒になっている!

僕は職業柄、1日の大半をエクセルと向き合っているのですが、キーボードショートカットキーは死ぬほどよく使います。

windows版エクセルが体に染み付いてしまっているので、絶対参照とする際にはF4を使います。

=A1 → F4 → =A$1$

 

mac版オフィス2011だと、同じことをやろうとすると

command + T

なんてめんどくさい入力が必要でしたが、2016からはWindowsと同様にF4で絶対参照が可能になりました。

他にも、

  • リボンの構成がWindows版とほぼ一緒
  • フィルターのドロップダウンの見た目がWindows版とほぼ一緒(心なしか動作も軽い)

などなど、とにかくWindowsユーザが「あれ?なんでこれ出来ないの?」という感覚にほとんど陥らないといったところです。

 

ちなみに僕はoffice 365 soloユーザなのでアップデートは無料で実施できました。

マイクロソフト オフィス365

 

 余談ですが、一般ユーザ向けのoffice 365 soloはPCの2台までしかインストールできないため、サブ機など含め3台以上持っている方は5台までインストール出来るビジネスverがおすすめのようです。(しかも月額もビジネスverのほうが安い)

 

最近3台目がうちに来ましたので、ビジネスへの以降を今度エントリー化してみようと思います。

 

では!

 

おすすめ記事

 

近日公開予定

・カード明細(csv)をアクセスで合体/年間の支出を把握

・ふるさと納税の上限額をざっくり簡単に把握する

・エクセルでの作業がリアル3倍速になるキーボード操作法